【スタッフ紹介】副院長児島 翔吾 ①

スタッフ紹介

■プロフィール

名前:児島 翔吾

出身地:東京都江戸川区船堀

年齢:30歳

アルバイト時代を含めて、キャリアは10年になりました。

趣味はフットサルやランニングなど、体を動かすことが好きです。

特技は、暗記をすること。

好きな食べ物は、焼肉と桃です。

座右の銘は、『一意専心、努力は裏切らない』。

 

 

■治療家になろうと思ったきっかけやエピソード

小学校1年生からサッカーを始め、サッカー大好き少年でした。

幼少期も含め、大きなケガはほとんどしたことが無かったのですが、5年生の時、サッカーのプレー中に友人を追い抜こうとした時に、左足関節の内反捻挫をがっつりやってしまいました。

足首がパンパンに腫れ上がり、1ヶ月ほどは安静が必要で、サッカーや運動を休まなければならなくなりました。

 

その際、治療の為に人生で初めて接骨院に行きました。

その時にお世話になった先生が、とても親切によく診てくれて、子供ながらに接骨院の先生ってかっこいいな!と。

その後も通院を続けましたが、人を治すことってすごいことだ!と感動し、とても良い仕事だなぁと思ったのが、この業界に興味を持ったきっかけだったように思います。

 

高校2年生の時にホームヘルパーの資格を取得し、介護の仕事も選択肢に入れて進路を考えていました。

しかし、学生時代はずっと運動をしていたので、その経験を生かして運動している人を治したり、サポートしたいと考え、柔道整復師の資格を取得する為の大学に通うことにしました。

 

大学1年生の頃に、アルバイトとして接骨院で働き始めました。

その当時、働いていた副院長先生の技術、考えに憧れを持ち、その先生のような治療家になりたいな!と思い、勉学に励みながら柔道整復師になりました。

エントリーする