【スタッフ紹介】TY②

スタッフ紹介

■治療家になるまでの苦労や大変だったこと

最も大変だった記憶があるのは、学生時代です。

専門学生時代は、働きながら学校に通うというスタイルでした。

そのため、仕事と学業の両立がとても大変な日々でした。

また、当時の職場との兼ね合いで、どうしても遠距離通学になってしまっていたこともあり、時間的にも体力的にも本当に苦労していたことを覚えています。

■治療家になって良かったと思うことややりがいを感じる瞬間

この仕事をしていて特に良かったと思うのは、家族や自分の体の不調を、自分の持っている技術を使って、ある程度改善することができるようになったことです。

家族が肩や腰の痛みを訴えることや、自分自身でも体の不調を感じることは、珍しいことではなくよくある出来事です。

そんな時に自分が学んだことや身に付けた技術を使うことで、痛みを放置せずに対処し、症状の悪化を防ぐことができるようになりました。

また、特に東洋医学では、根治や完治が難しい症例でも、症状の緩和という形でアプローチすることが可能です。

「痛み」と一言で言っても、状態や程度は患者さんによって異なります。

幅広い症例にきちんと向き合えるのが、鍼灸師のやりがいだと思っています。

エントリーする